保険料が安い通販型自動車保険。インターネットからの申込みでさらに安くなる。

車に乗る人は全員自賠責保険に入っています。

義務として入らなければいけない保険なので各人が意識せずとも新車購入時や車検切替時の価格の中に含まれています。

 

この記事で書くのは義務である自賠責保険ではなく任意で加入する自動車保険、いわゆる任意保険。

自賠責保険で補いきれない人身事故や物損事故へ対応するためにほとんどのユーザーが加入しています。

任意保険は基本的に初心者であろう若者と衰えてきた高齢ドライバーは高いです。

さまざまな保険会社がありますが運転する年齢条件が30歳以上だと最も安くなる傾向があります。

 

任意保険には等級がありはじめて加入したときは6等級からはじまります。

事故なしで満期を迎えると翌年からは等級一つ上がり前年と同じ保険条件でも保険料が安くなります。

逆に事故を起こしてしまうと等級が下がり、レベルにもよりますが3等級下がることもあります。

事故を起こさずに満期を迎え、かつゴールド免許を維持するのが安くなる秘訣です。

 

自動車保険会社は20社以上あると思いますが、その中でも保険料が安くなるのが通販型と呼ばれているタイプ。

電話やインターネットで申し込むタイプの保険で、保険契約完了までに人件費やパンフレットなどの経費がかからないことが安くなる理由です。

通販型保険でも電話ではなくインターネットで申し込み完了するとほとんど保険会社が数千円から1万円以上安くなる場合が多いです。

インターネットで申し込みすることで必要書類の郵送などのコストがなくなり、ほぼペーパーレスが実現できるのが理由のようです。

 

PCやスマホでインターネットを利用している人は是非通販型保険インターネット申し込みをオススメします。

年齢や保険適用条件、車両保険の有無で得意としている保険会社と苦手にしている保険会社があります。

自分にあった条件でどの保険会社が安くなるかは、まず複数の自動車保険会社の無料一括見積もりができるサービスを利用するのがいいです。

 

自動車保険の無料一括見積もりをすると各社の保険料を比較することができるので自分に合った保険会社を選べばいいのです。

見積もりをしたあとに電話勧誘がくることはありませんが、会社によっては1回だけパンフレットが郵送されてくるかもしれません。

自分に合った条件の保険をなるべく安くするには積極的に無料の一括見積もりで比較ことをオススメします。