炎天下での洗車はNG。洗車日和は曇りの日。

洗車は自分でしていますか?

月極駐車場を利用しているなどで自宅での洗車ができない場合はガソリンスタンドのコイン洗車場を利用することになります。

そこそこキレイになればいいのなら洗車機を利用する手もありますね。

 

洗車してすぐ雨が降ったり道路が濡れていて下回りがすぐ汚れると気分がよくないです。

しかしだからといってカンカン照りの炎天下での洗車をするぐらいなら汚れたままのほうがボディに優しいです。

特に屋根なしの車庫でシャンプーを使った洗車をする場合に炎天下で洗車してしまうと最悪。

ボディに残った洗剤の成分混じりの水滴が虫眼鏡のように作用して熱くなったボディに焼き付くことになります。

そうなると普通の汚れのようには取れなり、さらにひどくなるとクリア層の下に焼き付きが起きて磨いても治りません。

 

洗車日和はズバリ曇りの日です。

天気予報を見る以外にネットで雨雲レーダーを見て住んでいる地域に雨が降らないことを確認したほうがいいでしょう。

屋根がある車庫があれば通年自宅で洗車できますが、屋根なし車庫の場合は真夏は朝方に終わらせたりガソリンスタンドの洗車場を利用するのも手です。

 

ガラス系コーティングが施されているボディだと洗車機利用はオススメしません。

しかし普段は水洗いのみでシャンプーを使わずワックスで仕上げることもなくコンディションを保つことができるので手洗いでも手間はかかりません。

 

水洗いだけする場合のオススメの洗車方法はシャワーをかけながら力を入れずにスポンジやクロスでボディを撫でるように洗うこと。

ボディとスポンジやクロスの間にクッションのように水がある状態になるので砂の粒子などがあっても磨きキズが付きづらいです。

シャンプーを使う場合はシャンプー前にジェット噴射でボディの砂を徹底的に落とすことが重要。

そして吹き上げは普通のタオルではなく拭き取り用のクロスを使うと素早く拭き取ることができます。

ボディに水滴が残っている虫眼鏡のような働きでボディに焼き付きが起こりやすいのでなるべく素早く拭き取るのがポイントです。

 

PAGE TOP ↑