煽り運転対策にドライブレコーダー必須?全方位や全天球タイプも。

最近ニュースで頻繁に聞くのが煽り運転により事故やトラブル。

お互いの言い分があってどちらも自分が被害者だと思っているケースも多いと思います。

そんなときに役に立つのがドライブレコーダー。

 

譲り合いの精神をもって、かつスムーズな運転で煽られないように気配りして運転することがもっと重要ですが、いざというときはドライブレコーダーで録画していると安心です。

スポーツの世界でもビデオ判定が増えているし、街の犯罪も防犯ビデオのおかげで解決することが増えました。

近年煽り運転対策でドライブレコーダーの需要が高くなったことで価格も値ごろ感が出てきました。

 

ドライブレコーダーは基本的に運転者目線を撮影するのですが前後左右を録画する全方位タイプや上下も録画する全天球タイプもあります。

予算に余裕があれば高性能なドラレコを買うのもいいですし、予算がなければスマホアプリをドラレコにすることもできます。

買うのであれば特に軽自動車やコンパクトカーなら360度録画してくれる全方位タイプがオススメです。

全長が長いミニバンタイプだと全方位カメラよりフロントカメラとリアカメラが別になっている2カメラ型がオススメ。

特にリアスモークガラスで夜間撮影だと暗所特性に強いリアカメラである必要があります。

 

各タイプ様々なメーカーが販売しているのでどれを選べばいいか迷います。

自分の予算で商品を絞ってネットでの口コミを参考するのもいいでしょう。

不安なら実店舗でスタッフに相談して決めたほうが安心だと思います。