未塗装樹脂についた白いワックスカスはブラシで擦り落とす。樹脂部分でも使えるコーティング剤を使う手もあり。

洗車したあとに固形ワックスを塗りこみ拭き上げてピカピカになったボディーを見ると気持ちいいです。

黒いボディーにカルナバロウを多く含んだ高級なワックスで仕上げると乗るのがもったいないほど輝きます。

しかし車のボディー周りはルーフのサイドやサイドミラー結合部など未塗装の黒い樹脂部分がけっこうあります。

未塗装の黒い樹脂部分にワックスがついたまま時間が経って乾くと白く浮き上がって目立ちます。

せっかくボディーは輝いているのに白いワックスカスのせいで台無しになります。

 

樹脂部分にはワックスがつかないようにすればいいだけなのですがこれが意外と難しい。

ボディー部分と樹脂部分の境目にもワックスを効かせるように塗るとマスキングしないとついてしまいます。

白いワックスかすは普通に洗車してもなかなか落ちません。

樹脂復活剤を使うと一時的には復活してキレイになりますが時期に白く浮いてきます。

 

未塗装の樹脂の表面は見てわからないぐらいの凹凸があって凹んだ部分に入り込んで乾いたワックスを取らないかぎり落ちません。

そこで普段洗車では使わない使い古しの歯ブラシなどでブラッシングして落とすテクニックを使います。

樹脂部分に擦り傷がつくと意味がないのでブラシは柔らかめか普通がいいでしょう。硬めはオススメしません。

白くなった部分をブラッシングすると粉状になって落ちてくれるのが目視できると思います。

念のためカーシャンプーか中性洗剤をつけて擦り落としてもいいです。

とにかく凹んだ部分のワックスカスをブラシで落とすことが重要。

 

ブラシで擦り落としてキレイになったら樹脂復活剤を塗り込んでもいいでしょう。

しかしSUVなどルーフキャリアやオーバーフェンダー部分が未塗装樹脂の車などはワックスよりも手軽に使えるガラス系コーティング剤のほうがオススメ。

ガラス系コーティング剤によっては樹脂部分やヘッドライト、ホイールにも使えるものがあります。

個人的に愛用しているのはスマートミストというガラス系コーティング剤の親水タイプ

基本的に洗車した車にコーティング剤をスプレーして拭き上げるだけです。

樹脂部分だろうが構わず拭き上げるだけなので楽ちんで樹脂部分にも艶がでます。

ホイールにも使えますがその場合は別のクロスを使うといいでしょう。