使わなくなったスマホをドラレコとして活用

スマートフォンは年々進化するので数年おきに買い換える人も多いのではないでしょうか?

買うたびに下取りに出しているとか知人に譲るとかしない限り使わなくなった古いスマホが増えてきます。

このような使っていない古いスマホが手元にあるならドライブレコーダーとして利用する方法があります。

 

方法といってスマホのカメラを利用して動画撮影するだけです。

スマホをドラレコとして利用するためのスマホホルダーも発売されています。

ただスマホでの動画撮影で注意する点はスマホのスペックによってはスマホ自体が熱くなり熱暴走で録画停止になることもあること。

熱くなりすぎると保護機能として自動停止することがあります。

それほど古くないスペックのスマホで画質を落とせばこのような状況は回避できる場合が多いです。

 

ドラレコと利用するためのアプリもいくつかあります。

定番のアプリは損保ジャパンの無料アプリ「Safety Sight」。

損保ジャパンと契約していない人でも利用できます。もちろん無料。

上のリンクはAndroid用ですがiPhone用Safety Sightもあります。

 

単純に録画し続けるのではなく事故が起きた衝撃を感知して前後10秒の映像を保存する機能があります。

もちろん録画し続けることも可能です。

録画する機能以外にもルートや走行した距離を記録する機能や前方走行中の車に近づきすぎたときに音で知らせてくれる機能がありませす。

 

毎日ハードに使う予定の人はしばらくこの方法で利用してみてドラレコの重要性を理解してから市販のドライブレコーダーを買うといいでしょう。