タブレットはカーナビにもなる。オフラインで使えるアプリもある。

知らない場所に行くときに頼りになるのがカーナビです。

現在所有している車にカーナビがついていなくても後付けで取り付けることはできます。

しかしカーナビ自体安くないし、取り付けを依頼すると別途工賃がかかるので躊躇している人も多いと思います。

 

もしタブレットを利用していたり、普段使わなくなったタブレットや大きめのスマホがあるならアプリを使えばカーナビになります。

GPSを利用して現在地を表示するので画面の小さなスマホだと厳しいですが使えないわけではありません。

リアルタイムで地図を表示するので通信できる必要がありますが、あらかじめ地図データを取り込んでオフラインで利用できるアプリもあります。

 

定番で評判のいいカーナビアプリはヤフージャパンのズバリそのまま「Yahoo!カーナビ」Android。

もちろんiOS用Yahoo!カーナビもあります。

カーナビですから地図と音声でわかりやすくルート案内してくれます。

それ以外には渋滞情報や安全運転をサポートする機能も充実しています。

 

もちろん無料で利用できますが全ての機能を使うのはYahoo! JAPAN IDでのログインが必要です。

多くのネットユーザーはYahoo! JAPAN ID登録しているでしょうから、まずは「Yahoo!カーナビ」を試すのをオススメします。

 

もうひとつはトヨタが提供するアプリ「TCスマホナビ」Android用とiOS用TCスマホナビ。

カーナビアプリですが実は徒歩用ナビとしても利用できその場合は階段や歩道橋など徒歩用に特化したルート案内になります。

肝心のカーナビ機能は車載ナビに近い画面表示で無料アプリとは思えないほどの作り。

 

マップデータは動画データなどを違ってパケット量はそれほどでもないので格安SIMなどの少ないパケットプランの方でも気兼ねなく使えます。

一度読み込んだ地図情報は蓄積されるので圏外などでオフライン状態になっても利用し続けることができます。

 

好みがあるので定番の2つのアプリを試してみて気に入ったほうを使うのがいいでしょう。

PAGE TOP ↑